アニメ【ライザのアトリエ】感想 圧倒的太ももに製作陣の熱を感じた|2023夏アニメ

アニメ

こんにちは!むくぺこです!

この記事ではゲーム原作でアニメ化を果たした「ライザのアトリエ〜常闇の女王と秘密の隠れ家」について執筆現在(2023/07/18)で放送されている第3話までをまとめた感想について書いています!

筆者が「ライザのアトリエ」を視聴して感じた「グッドなポイント」と「イマイチなポイント」を紹介していますのでよかったら最後まで見ていってください!

Twitterもやっているので作品に関して「自分はここよかった!」とか「ここがこうだったらもっといいと思う!」などの感想があれば絡みに来てください!

記事の中には軽いネタバレを含みます。未視聴の方はご注意ください!

グッドなポイント

まずは作品を視聴して感じた3つのよかった点を紹介します。

圧倒的なライザの「太もも」

むちむち、ドアップ、太もも、サイコー!!

以上!!!

丁寧でわかりやすい背景設定

ゲーム原作だからといって未プレイ勢を置いてけぼりにすることなく、登場人物たちのお話の中で設定が丁寧に説明されていてわかりやすい。島のしきたりとして島の外には出てはいけないこと。島の中では水源を持っている人が実質的に偉い人。どれもこれもファンタジー系のRPGならよくあるような設定でゲーマーならすぐになるほどってなりそうだし、そうでない人も一定理解はしやすい内容になっていると思いました!

ザ・日常系RPGのワクワク感

同じことの繰り返しによる閉塞感。やってはいけないと言われるほどにやりたくなっちゃう反抗心。未知に対するちょっぴりのドキドキといっぱいのワクワク。人によって程度の大小はあれど持っている冒険心を刺激するザ・RPGゲームをそのままアニメに持ってきた感じ。なんとなく「ぼくなつ」とか「どうぶつの森」が好きな人はハマるような気がしました。

イマイチなポイント

「イマイチなポイント」は作品がしっかり作り込まれているのであまりなかったのですが1つだけ紹介します。

キャラが自分勝手に見えちゃう

おそらくライザたちがいろんな冒険や試練に立ち向かう中で成長していくお話だと思うので、物語初めの方に子供な部分が押し出されているのは致し方ないと思うけど、どうしてもちょびっとライザたちに「ワガママだなぁ」とか「言うこと聞きなさいよ!」と感じる場面はありました。「ルールを守れない人」とか「自分本位な人」を全く受け付けられない!って人にとってはちょっとしんどいかも?ここに関しては能動的なゲーム受動的なアニメっていう違いが生んでいる問題なような気がします。

総評|RPG好きなら見るべし!!

全体的に綺麗な作画でゲーム原作ということもありストーリーも丁寧に描かれているように感じました!筆者自身はゲームの「ライザのアトリエ」(というかアトリエシリーズ自体未プレイ)なのですが十分に楽しめています!冒険の中でライザたち主要メンバーが成長していくお話だと思うので今後のストーリーにも注目です!(ちなみに、ゲーマーとしては普通にシリーズをプレイしたくなりました笑)

あと、OPからEDまでことあるごとにライザの「太もも」がアップになっていて、製作陣の熱いこだわりが感じるのも高得点(笑)

作品情報

ライザのアトリエ〜常闇の女王と秘密の隠れ家

公式サイト(https://ar-anime.com/

公式Twitter(https://twitter.com/Ryza_PR

コメント

タイトルとURLをコピーしました